ハンドメイズテイルのシーズン2、日本での配信はいつから?予告編から展開を予想

ハンドメイズテイルのシーズン2は、日本ではいつから配信されるのでしょうか?

次の展開が気になって待ちきれない状態です^^;

最新の予告編をご紹介しています。

予告編から次の展開も予想してみました。

sponsored Link

ハンドメイズテイルのシーズン2はいつから?

Huluオリジナルドラマのハンドメイズテイル。

シーズン1は全10話でした。

 

【追記】

ハンドメイズテイルのシーズン2の配信開始日が決定しました!!

8月29日(水)からHuluで独占配信決定です!!

 

 

大事なことなので、もう一度いいます。

8月29日(水)からです!!!

 

 

 

シーズン2は、

アメリカのHuluで4月25日から配信スタートしていました。

 

 

日本ではいつからオンエアなのか?

とずっと気になっていました。

 

 

シーズン1の配信日程を比べてみると、

アメリカ:2017年4月26日からスタート

日本:2018年2月28日スタート

 

 

およそ10か月ほどのタイムラグがあります。

 

 

となると、日本でのシーズン2の配信も

来年の2月頃くらいになるのではないか、と予測していたのですが…

 

 

 

Huluさん、

配信を早めてくれたようです!!!

ありがとうございます^^!

 

 

前作では、

女性達がこれでもかというほど、痛めつけられ…

 

最後には、オブフレッドの妊娠の兆しが発覚!

 

 

シーズン2では、どんな展開が待っているのでしょうか?

気になって仕方ないですね^^;

 

 

ハンドメイズテイルのシーズン2の予告編

ハンドメイズテイルのシーズン2の予告編を入手しました!

3つの予告編をご紹介します。

 

予告編① First Look

 

予告編①はセリフなしです。

 

予告編②

 

予告編②にはセリフが入っています。

 

Wear the red dress.

赤いドレスを着て

 

Wear the wings.

ウィング(帽子)を被る。

 

Shut your mouth.

余計なことはしゃべらないで。

 

Be a good girl.

良い子でいるの。

 

Roll over, and spread your legs.

寝そべって、足を開いて。

 

Yes, Ma’am.

はい、ご主人様。

 

May the Lord open.

神の祝福を。

 

Seriously, what the actual, fuck??

マジ?これってなんなのよ??

 

 

予告編③

 

ジューンの語りから入ります。

 

<ジューン>

Is this what freedom looks like?

自由ってこんなもの?

 

what will happen when I get out?

逃げ出したらどうなるの?

 

There probably is no out.

出口なんか多分ないわ。

 

Gilead is within you.

ギレアドはあなたの中にいる。

 

<セリーナ(ウォーターフォード夫人)>

We can’t explain this away!

そんな言い逃れはできないわ!

 

They will say that we’re part of the Resistance!

私達がレジスタンスの仲間だと言われるに決まってる!

 

<ウォーターフォード司令官>

If you’d shown that girl one ounce of kindness,
she would never have left!

君が少しでも親切心をだして娘に会わせていれば、彼女は去らなかっただろう!

 

<新たなキャラクター>

I will find every person involved and they will be punished.

(レジスタンス)に協力した全ての人間を見つけだし、処罰する!

 

<リディアおば>

you will love the Lord thy
God with all your heart

神を心から愛しなさい。神はあなたの心と共に

 

or you will feel the pain of His judgement, for that is His love.

さもないと、彼の裁きを受けることになるでしょう。

 

<ルーク>

No matter what, I’m not going to stop.

何があろうと、私は止めない。

 

<ニック>

I’m trying to keep you alive, you and our baby.

俺が君を死なせない、君と僕らの赤ん坊を守る。

 

<ジューン>

She left me once.

あの子はもういない。

 

Now I have to leave her.

もう彼女を忘れなきゃ。

 

<ニック?>

If your house has been infected with terrorists,
I need to know.

もし家にテロリストが入りこんだら、

俺は知る必要がある。

 

<ウォーターフォード司令官>

If we confess our sins, He is faithful and just to forgive us.

もし私達の罪を告白したら、我々は許される。

 

<ジャニーン>

(コロニーにて)We come here, we work, we die.

私達はここにきて、働いて死ぬの。

 

<セリーナ>

The future of mankind depends on what we do today!

人類の未来は今日私達が何をするかにかかっている!

 

<ジューン>

My name is June Osborn. I am free.

私の名前はジューン・オズボーン。

私は自由。

 

※誤訳あるかもしれませんので、参考程度にどうぞ。

 

 

映像では、

他にもモイラがデモに参加していたり。

刑罰に処されるハンドメイズも。

 

 

ウォーターフォード夫人はレジスタンスになるのか?

気になりますね!

 

 

ハンドメイズテイルのシーズン2。エリザベスモスのインタビュー

ハンドメイズテイルのシーズン2について主役のエリザベスモスは以下のように語っています。

 

シーズン2はシーズン1よりも100倍も複雑で大きいものになる。
なんていうか、皆はシーズン1は暗かった、と思うでしょうね。

 

シーズン2の第一話の最初のシーンで何が起きているか
決して推測しないで。
私が視聴者として客観的に見ても
絶対にわからないと思うから。

引用元:https://uk.news.yahoo.com/handmaid-apos-tale-season-2-094113187.html

 

さらに、シーズン2はマーガレットアトウッドの原作を超える展開を見せるそうです。

 

ハンドメイズテイル、シーズン2第一話のワンシーン!

第一話のワンシーンです。

少々ネタバレですが、見てみたい方はどうぞ!

 

 

 

ハンドメイズテイル シーズン2。予告編から展開を予想

シーズン1ではギレアドに屈するしかなかったジューン。

最後のほうでレジスタンスのメーデーに協力することをアルマに申し出ます。

決意したジューンはますます行動を起こしていくのではないでしょうか。

ニックもジューンのことが好きなので、窮地に立たされた時にいのちをかけても

ジューンを守る描写があるような気がします。

 

モイラはシーズン1では殺人をしてまで逃亡をします。

何とか国外に逃げることができ、

ルークが再会することもできました。

きっと、国に働きかけてジューンとハンナを救い出そうとするのではないか、と思います。

 

 

シーズン1では、

ジューン達がつらい目にあっている様子を丁寧に描いていました。

正直、見る方もしんどかったです。

抵抗組織「メーデー」の存在は会話には出てきたものの、

実際の活動の様子は皆無でしたし。

何というか、希望が出てはつぶされていました^^;

 

 

シーズン2ではレジスタンスの戦いが描かれているようで

ギレアドに反対している人々の逆襲を期待したいです!

 

 

ハンドメイズテイル、シーズン1Huluで配信されています。

Hulu海外ドラマに強い配信サイト。

ウォーキングデッドをはじめ、ゲームオブスローンズウェントワース女子刑務所などの有名作品から

日本初上陸の作品まで、ラインナップが超充実しています!

 

Huluがあれば、

海外ドラマ好きは楽しく生きていけます^^

 

 

Huluは、月額933円(税抜)動画が見放題!

初回は、

2週間無料キャンペーンがあるので、

この期間に無料で好きなドラマを見ることができます!

 

 

私も最初は2週間無料に惹かれましたが、

2週間過ぎても見たい作品がなくならず、

ずっと加入しています^_^

 

 

このキャンペーンもいつまで続くかわからないので、

入るなら、今のうちがおすすめです。

 

 

↓↓huluの登録はこちらから↓↓

サブコンテンツ

関連






このページの先頭へ