ホームランド、キャリーの名言。年上の部下にガツンと言う【語録】

海外ドラマ 「ホームランド」のシーズン4でインパクトのあった、キャリーの名言をご紹介します。

シーズン4、第三話の「大使館封鎖」より。

sponsored Link

シーズン4では、若くしてイスラマバード支局長に任命されたキャリー

 

実はキャリーが任命される前に、ジョンという支局長になるはずだった人物がいた。

ジョンは、キャリーが任命された4日前には支局長に任命されていたが、

CIA長官ロックハートの指示で解任、キャリーが支局長に抜擢されたのだった。

 

 

ジョンに「なぜロックハートは君を支局長に任命したのか?」と聞かれたキャリーは一言。

 

“you really wanna know how I did it?”
“I ask nicely.”

 

<和訳>

キャリー:「本当に知りたい?、 丁重にお願いしたのよ」

 

 

 

年上の部下にガツンと言う時に使えるかもしれません。

表情は思いっきり憎たらしい感じで(汗

 

 

上司だろうと、同僚だろうと仕事の目的達成のためなら遠慮なく物申すキャリー。

仕事ができるという自負があるからなんでしょうけどもね。

 

 

この前の場面でも、キャリーが職員全員を集め、スパイの疑いがある同僚について尋ねたが、皆が非協力的な態度でした。

それでも話続けるキャリーにジョンが一言。

 

 

John: “Young lady, let’s have a chat.”

 

Carrie: “Sit down, John!”

 

 

 

和訳:

ジョン:お嬢さん、ちょっと話そうか。

キャリー:座りなさい、ジョン!

 

10歳ほど年上のおじさんに命令するキャリー。

一同唖然。

 

キャリーって強烈です。

でも強い女性であることは間違いないですね。

 

 

英語のフレーズは実際に使ってみることで自分のものにすることができます。

ドラマで覚えたセリフを英会話で使ってみませんか?

 

 

↓↓おすすめの英会話はこちら↓↓

簡単!わかりやすい!DMM英会話

 

 

 

ホームランド、シーズン4はU-NEXT で視聴可能です!

他にもシーズン1~シーズン6まで揃っています。

Sponsored Link
 

関連記事

サブコンテンツ

関連






このページの先頭へ