ウォーキングデッド シーズン8の11話感想!huluで視聴!ネタバレあり

ウォーキングデッド シーズン8の11話の感想を書いています。

※以下、ネタバレしています。

sponsored Link

ウォーキングデッド シーズン8の11話あらすじ

ダリル、タラ、ロジータ、ドワイトはアレクサンドリアの住人達を率いて、ヒルトップを目指す。

救世主達に見つからないように、慎重になりながら。

タラはドワイトがしたことを許せず、殺す機会を伺っていた。

 

神父のゲイブリエルと医者のカーソンはユージーンの助けで逃げ出すが、ゲイブリエルは重い感染症を患っていた。

おまけに車は動かなくなり、場所もわからない。

 

ヒルトップでは、食料が足りなくなる。

救世主の捕虜にまで食料を回すかどうかで悩むマギー。

 

ウォーキングデッド シーズン8の11話の感想

 

カーソン医師とゲイブリエル

カーソン医師とゲイブリエルは二人で救世主のところから逃げ出しました。

しかし、車が動かず。

ゲイブリエルは感染症のため、視界が著しく悪い。

 

結構なピンチですが、ゲイブリエルは「神が導いてくれる」の一点張り。

カーソン医師は呆れた様子でした。

 

車がエンストした近くで見つけた家で、抗生物質を見つけた二人。

奇跡のような出来事に顔を見合わせて喜ぶ。

 

その後も困難をすり抜け、車で逃げようとしますが、

救世主に見つかってしまい、カーソン医師は撃たれて死にます。

 

何だろう、ウォーキングデッドって人間の精神の揺れを強調しているように思います。

奇跡が起きたように見えて、無慈悲な現実に引き戻される展開が多い。

 

リックも救世主達を完全に倒すか、和解、もしくは戦った後に生き残りの救世主達をどうするかで常に揺れています。

モーガンも、ウェイン・ダイアーさん似の精神分析医のところで悟りを開いたかのように見せて、何度も悩んでいます。

 

そのせいで、キャラに苛立つこともあります。

見ている側としては、ちょっと統一性が欲しかったり。

 

リアリティを追求しているのでしょうが、救いが欲しいとも思います。

 

 

タラとドワイト

タラは恋人のデニースがドワイトの矢で撃たれて死んでしまったので、ドワイトを恨んでいます。

本当には殺さないのかな、と思ったら本気で銃で撃ってましたね…

追いかけっこをしていて、救世主達に見つかります。

 

これでドワイトは救世主達の場所へ戻ることに。

幹部の女性に裏切ったところを見られているから、本当にまずい状況。

 

ちょっとドワイトに肩入れしてしまっている自分がいるのでw、タラなんだよ!と思ってしまいましたw

 

因果関係

カーソン医師が死んでしまい、医者がいなくなってしまいました。

カーソン医師はマギーのためにヒルトップに戻ろうとしていたのに。

 

しかし、最後にカールが助けたインド人らしき青年がマギーに「医療経験がある」と告げます。

カールが助けた男性がマギーを救うことになりそうです。

 

じゃあカーソン医師は戻らなくて良かったじゃないか、とも思いましたけど^_^;

 

 

また、期待を裏切られそうな気もするな~^^;

 

 

次の展開も楽しみです。

 

ウォーキングデッド、シーズン8はHuluで見ることができます!

Sponsored Link
 

関連記事

サブコンテンツ

関連






このページの先頭へ