ノクターナルアニマルズ(原題)のあらすじ。日本公開は?

ノクターナルアニマルズ(原題:NOCTURNAL ANIMALS)が今からとても楽しみ。

ファッションデザイナー、トム・フォードの映画監督作品二作目。

 

 

予告編からして面白そうで仕方がないですね。

同時に怖い内容であることも間違いないですが…

 

 

見ての通り、スリラー作品です。

主演はエイミー・アダムス

近年では演技派女優として多く活動している印象。

大好きな女優さんです。

 

 

今回の作品ではすべてを手に入れた裕福なアートギャラリーの経営者を演じています。

ハイブランドファッションにきついのメイクが印象的。

 

エイミーアダムスが名を知られたのはディズニー映画の「魔法にかけられて」のプリンセス役でした。

今ではあの役を演じていたのが意外な感じがします。

 

小説の中の主人公トニーを演じるのはジェイク・ギレンホール。

ギャングのリーダーを演じているのはアーロン・テイラー・ジョンソン。

 

ノクターナルアニマルズのあらすじ

アートギャラリーを経営しているスーザン(エイミー・アダムス)の元に元夫のエドワードから小説の原稿が送られてくる。

今度ロサンゼルスに来るということでディナーの招待状も一緒に。

 

小説のタイトルは「ノクターナルアニマルズ(夜行性動物)」。

小説には「スーザンに捧ぐ」という文言があった。

スーザンは以前、エドワードに「ノクターナルアニマル」と呼ばれていたのだった。

 

スーザンは現在の夫との結婚生活がうまくいっておらず、小説にのめり込んでいく。

その小説の内容は、「とても暴力的で悲しい」ものだった。

 

 

小説のあらすじ

妻と娘と一緒にロードトリップをしていたトニー(ジェイク・ギレンホール)は、車を走行中、ギャングの男たちに煽られ、車を止められる。男たちは車を奪い、トニーを置き去りにし、妻と娘を連れ去ってしまう…

 

小説の世界とリアルの世界が入り交じるストーリー構成。

元夫が送りつけてきた小説の意味は何なのか?

ノクターナルアニマルズの意味するものとは?

 

 

ノクターナルアニマルズの日本公開は?

ノクターナルアニマルズの日本公開予定日は、

2017年11月3日(金・祝日) 

です。

 

TOHOシネマズ系で公開。

(アメリカでは2016年11月に公開済みです。)

 

 

ノクターナル・アニマルズの監督、

トム・フォードの監督デビュー作品「シングルマンU-NEXT で視聴可能です!

 

こちらと見比べてみるとまた違った楽しみ方があると思います。

 

 

追記:

ノクターナルアニマルズを見ました。

レビューはこちら。

ノクターナルアニマルズの感想【ネタバレあり】

 

Sponsored Link
 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

関連





このページの先頭へ