ワイルドスピード アイスブレイクの感想!【ネタバレ無し】

ワイルドスピード アイスブレイク」の感想を書いていきます。

シリーズ8作目の今作。

こういう展開か!と驚いたところも含めて、期待を裏切らない内容でした。

*ネタバレ無しですが、予告編で登場した人物については触れています。

sponsored Link

 

ドムの裏切り!?

ドムが仲間を裏切るという衝撃の展開が今回の作品の本筋。

 

「ファミリー」を大事にし、絆を重んじるドムに一体何があったのか。

普通に考えたらドムが仲間を裏切るわけないですよね!?

 

 

ストーリーが進むにつれ、その理由が明らかになります。

その理由も衝撃的なんです。

そう来たか!と驚きました。

 

葛藤するドムでしたが、

一方で、ドムの新たな一面が見れる展開が待っています。

 

 

シャーリーズ姉さん参戦

女優のシャーリーズ・セロンがワイルドスピードの新作に参加する!ということで期待していました^^

シャーリーズ・セロン

 

ハリウッド屈指の美貌を誇るシャーリーズ・セロンは演技派としても知られています。

これまでも色んな役に果敢に挑戦してきています。

 

「モンスター」では体重を増やし、美貌を消して連続殺人鬼を演じ、アカデミー賞主演女優賞を獲得しました。

 

砂漠を爆走するアクション映画、「マッドマックス 怒りのデスロード」(2015) では、

坊主頭にして女戦士フュリオサを演じました。

 

今回は悪役ということで、出番も多かったです。

 

容赦なしの非情さでドムを追い詰め、

天才ハッカーでもあるので、最新ハイテクを駆使し、蛮行の限りを尽くします^^;

車、壊しまくりです。

 

 

今回は頭脳派な敵でしたが、これもありだと思いました。。

 

 

デッカード・ショウが仲間に?

前作で最大の敵だったデッカード・ショウ

 

今回は仲間になるようでどんな感じになるのか、と楽しみにしていました。

 

前作であれだけやりあったのに、仲間になるの?と思っていたんですが、

今回見てみたら、なんかいい感じでした笑

 

 

ちょっとキャラ変わった?と思うくらい、笑えるシーンもありました。

ホブスとのやり合いが特に面白かったです笑

 

演じるジェイソン・ステイサムはあまりギャグとか言うような役をやらない印象があるので、

新鮮でしたね。

 

 

ロケーション

今回も前作に劣らず、世界中を舞台にしています。

 

今回の目玉、氷上のカーチェイスシーンはアイスランドで撮影したそうです。

 

他にも南国やNYなどとバラエティ豊なロケーションの中で話が進みます。

 

007やミッションインポッシブルなど、スケールが大きい映画では世界中の美しい風景を見れるので最高ですね。

 

 

スコット・イーストウッドというイケメン

イカつい男性陣が主要キャストに揃っているワイルドスピードシリーズ。

そんな中、今回はスコット・イーストウッドも出演するということで女性の皆さんには朗報でした笑

 

 

スコット・イーストウッドは俳優クリント・イーストウッドの息子です。

父親が56歳の時の子供なので、父親とはかなり年齢が離れています。

 

 

まぁ二世なわけですが、近年話題作に出演し始めています。

出始めの頃にはその端正なルックスが話題になっていました。

 

 

今回のストーリーの中では主要キャストとの絡みが多いですが、

うまく馴染んでいるように見えました。

 

ローマンとの掛け合いも見ものです^^

 

 

懐かしの顔ぶれ!

今回の「ワイルドスピード アイスブレイク」には、この人出すかー!という懐かしい人々がちらほらと登場します。

昔からシリーズに親しんでいる人には嬉しい顔ぶれです^^

 

 

映画を見終わった後、どの作品に出ていたのか確認したくて、思わず過去作品を見返したくなりました。

 

 

感想 (全体として)

 

今回IMAX 3Dで視聴しましたが、迫力あって最高でした。

年々スケールが増している本作。

娯楽作品として、楽しめる内容でした。

 

ストーリーに関しては、

いつも通り、レティ、テズ、ローマン、ホブスも出てますし、ラムジーも前作に続き登場してます。

上記の通り、追加された新しいキャスト陣とレギュラーのキャラクター達の軽快なやりとりも見られます^^

 

内容的には過去作品とうまく話がつながっていて、今回の敵、サイファーも過去の戦いの背景を思わせるような設定にされていました。

 

 

ただ、事前準備として、過去作品を復習してから見に行くほうがおすすめです。

過去の人物達の相関関係を知っておいたほうがより本作を楽しめます。

Sponsored Link
 

関連記事

サブコンテンツ

関連





このページの先頭へ