アーユーザワンのルールについて!シーズン1から最新シーズンまで

アー・ユー・ザ・ワン?はMTV発の究極のお見合い番組です。

 

 

恋愛が下手な男女20人が集まり、共同生活をしながら運命の相手を探し当てるリアリティショーです。

相性テスト、心理テスト、家族や元恋人についても調査し、最適な組み合わせを番組側が事前に決定しています。

その運命の相手を当てるのが参加者の使命です。

 

 

アーユーザワン?シーズン1のルール

各回でミッションにチャレンジし、デート権利を勝ち取った、上位3組のカップルはデートに出ることができます。

残りのメンバーは3組がデートに行っている間に、どのカップルを真実の部屋に送るかを決めます。(一組のみ部屋に送ることが可能)

真実の部屋では、カップルが運命の相手かどうかがわかります。

 

 

最後にはマッチングセレモニーがあります。

毎回、男女ごとに運命の相手を指名していきます。

男性側に指名権がある場合は、男性が運命の相手だと思う女性を指名。

次の回では指名権は女性側に移ります。

マッチングセレモニーでは、成立したカップルの数のみ教えてくれます。

組み合わせは参加者達が自ら当てなければなりません。

 

 

 

チャンスは全部で10回で、毎回この流れを繰り返します。

全ての組み合わせを当てることができれば、MTV史上最高額の賞金100万ドル(日本円にして約1億円)を獲得。

参加者全員で山分けします。

 

 

アーユーザワン?シーズン2のルール

基本的なルールはシーズン1と同じ。

 

例外なのが、11番目の女性、クリスティーナです。

今回は男10人、女11人の合計21人が参加。

一人の男性には2人の運命の女性がいることになります。そのうち一人はクリスティーナであることが決まっています。

女性のうち一人は運命の相手を巡って、クリスティーナと争うことに。

クリスティーナか、ライバルの女性のどちらかがカップル成立すれば、その時点で選ばれなかった方が去らなければなりません。

 

 

アーユーザワン?シーズン3のルール

基本的にはシーズン1と同じです。

今回は11番目の女性はいません。

男女10人ずつです。

 

しかし、今回は賞金に関して厳しいルールが加わりました。

マッチングセレモニーで成立したカップル数がゼロだった場合、一回につき25万ドルが賞金から減額されます。

4回間違えば、賞金がなくなります。

これは怖いですね…

二回連続で賞金が出たので、ルールを厳しくしたのでしょうか…

 

 

アーユーザワン?シーズン4のルール

シーズン4でも新しい試みがありました。

仲良くなる前、初対面の印象で決めた相手と「真実の部屋」に行きます。

マッチング適合すれば25万ドル増額。全て成功すれば合計で125万ドルになります。

 

マッチングセレモニーで成立したカップル数がゼロだった場合、一回につき25万ドルが賞金から減額されるブラックアウトのルールはシーズン3と同様にあります。

 

 

アーユーザワン?シーズン5のルール

舞台はドミニカ共和国。

今回は人数が増えて男女11人ずつの合計22人。

今回も初回から真実の部屋が登場。

3組のカップルは両親が選んだ相手とデートに行きます。

(事前に両親に全員のプロフィールを送り、自分の子に合う相手を選んでいる)

 

ブラックアウトルールはより厳しくなり、マッチングセレモニーで全滅した場合は賞金が半額になります。

 

 

 

以上、アー・ユー・ザ・ワン?のルールについてでした。

Sponsored Link
サブコンテンツ

関連






このページの先頭へ