キルジョイズの評価やキャスト、感想!宇宙エンタメの海外ドラマ

「KILLJOYS/銀河の賞金ハンター」は宇宙を舞台に悪人を追いかける収容エージェント、ダッチが主役のSFエンターテイメントです。

キルジョイズのあらすじやキャスト、評価についてまとめました。

 

キルジョイズとは?

 

カナダのスペースチャンネル製作のドラマです。

2015年6月19日~2019年9月20日まで放送されていました。

 

シーズン1~シーズン5まであります。(シーズン5で打ち切り)

 

 

Huluプレミア作品(日本初上陸、hulu独占配信)で、毎週1エピソードずつ配信されています。

 

加入はこちらから。

 

公式サイト:Hulu

 

※本ページの情報は2020年7月時点のものです。

最新の配信状況は 公式サイトにてご確認ください。

 

 

宇宙を舞台に、エージェントのダッチが様々な悪人を追いかけて、戦います。

SF好き、戦闘好きな人ならドンピシャで楽しめると思います。

 

キルジョイズのキャスト

 

ダッチ…ハナ・ジョン=カーメン

ジョン・ジャコビ…アーロン・アシュモア

ダヴィン・ジャコビ…ルーク・マクファーレン

 

 

ジャコビ兄弟はカナダ人の俳優さんが演じています。

主役のダッチはイギリス人女優の、ハナ・ジョン=カーメンです。

 

ハナ・ジョン=カーメンの父親はナイジェリア人、母親はノルウェー人ということらしいです。

 

 

ゲームオブスローンズのオルネラ、レディプレイヤーワンではフナーレ・ザンドーを演じていました。

結構有名作品にでていたんですね~

 

オルネラとは、シーズン6の4話で出てきた女性です。

デナーリスがドスラク族の寡婦の会に参加するかしないかというところで出てきていましたね。

 

キルジョイズのロケーション

これはもう宇宙です。。

 

というのは冗談で、カナダのトロントやオンタリオで撮影されていたようです。

 

キルジョイズのあらすじ

キルジョイズとは銀河にのさばる悪人を捕まえる収容エージェントのことで、賞金稼ぎとも言われる。

ダッチ(ハナ・ジョン=カーメン)はトップレベルの収容エージェントで、発行された令状に従い、犯人を殺す権利すら持っている。

 

 

ダッチの相方の収容エージェントのジョンは、兄のダヴィンに処刑令状が出ていることを知り、ダッチに内緒で助けにいくことを決意。

ダッチはジョンの異変に気づき、ジョンの後を追いかける。

 

 

ジョンは兄のダヴィンを助けようとするが、ダヴィンはジョンに協力的ではなかった…

 

キルジョイズの感想

宇宙を舞台にしたSFエンターテイメントです。

 

こういう海外ドラマを見るのは久しぶりです。こういう設定って映画のほうが多いですよね。

 

スターウォーズはもちろん、「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」とか。

 

 

特殊な設定なので、最初はえ?え?という感じで始まりますが、段々と慣れてきます。

 

 

収容エージェントは指名手配犯を殺すほどの権利を持っています。

その収容エージェントが対象者を殺さなくても、他の収容エージェントが必ずミッションを実行します。

それくらい、令状は絶対!なんですね~

 

 

宇宙設定でなんでもありなのか、個性的な風貌のキャラクターがたくさん出てきます。

皆キャラが濃い!!笑

 

 

鼻ピアスした不良風のお坊さんに、見た目がいかついゲイのバーテンダーなど。

細かい設定が面白いです。

 

 

収容エージェントのダッチは武闘派でとても強い、です。

ただダッチには闇があり、何かを抱えていることにジョンの兄が気づきます。

2人は恋に落ちそう…笑

 

 

ダッチはなぜ収容エージェントをしているのか?

ダヴィンが巻き込まれた、「革命」とは何なのか?

 

 

続きが気になる作品です。

Sponsored Link
 

関連記事

サブコンテンツ



このページの先頭へ