ビッグラブ、ドラマのあらすじと感想!モルモン教の内部を描いた衝撃作

画像引用:hbo

ビッグラブ(ドラマ)を見ました。

アメリカのとある一夫多妻制の家族を描いた今作。

中々面白かったです。

あらすじと感想を書いています。

ビッグラブ(ドラマ)とは?モルモン教の内部を描いた衝撃作

ビッグラブはHBOで2006年~2011年に放送されていました。

モルモン教原理主義の教えに従い、

一夫多妻制を実践する家族を描いたドラマです。

 

 

 

ビッグラブ、ドラマのあらすじ

モルモン原理主義のビル・ヘンリクソン(ビル・パクストン)は、

一夫多妻制を実践し、3人の妻と子供達と暮らしている。

ホームプラスというホームセンターを経営している彼は

安定した収入で妻と7人の子供達を養っているのだった。

 

最初の妻は、バーブ(ジーン・トリプルホーン)、

二番目の妻はニッキー(クロエ・セヴィニー)、

そしてかつて子供達のベビーシッターだったマージ(ジニファー・グッドウィン)

が三番目の新妻だ。

 

「何でもシェアする」

「私達は家族」

を合言葉に妻同士で協力して暮らそうとしているが、

しばしば妻同士の間で、もめごとが起きる。

 

ビルはモルモン教原理主義を守るコミュニティ、ジュピタークリーク出身だが

理由があって10代の時にコミュニティを追い出された。

そのジュピタークリークのリーダーであるローマン(ニッキーの父でもある)は

強欲な男でビルに無理難題を押し付けてくる…。

sponsored Link

 

ビッグラブ、ドラマの感想!モルモン教の内部を描いた衝撃作

2006年頃の作品ですが、

今見てもとても面白かったです。

 

モルモン教の一部の人々が今も一夫多妻制を実践している

ということは知っていたので

そのドラマ、ということで興味を魅かれました。

 

見出してみると、

二番目の妻はおしゃれ女優、クロエ・セヴィニーが演じていたり、

売れる前のアマンダ・サイフリッドもビルの娘役で出演していたりと

新たな発見がありました^^

 

ヘンリクソン一家が住んでいるのは

ユタ州というのも典型的。

モルモン教徒が多い地域ですね。

 

 

 

 

一夫多妻のモルモン教。妻達の戦い

昔、モルモン教、一夫多妻の家族のドキュメンタリーを

見たことがあります。

そこでは隣の部屋から、夫と別の妻の夜の営みの声が

聞こえてくる、などという苦悩が語られていましたが

ビッグラブでもそういうシーンがありましたね^^;

 

しかも聞こえても

「声が大きいわね!」というくらいで

そこまで過剰反応していなかったのが驚きでした。

 

ヘンリクソン一家は妻ごとに家をもっていて

夫と妻が寝る日を3人の妻で日替わりで決めています。

 

一見うまくいっているようでしたが、

やっぱり最初の妻バーブには2,3番目の妻は

中々意見を言えなくて不満がたまっていきます。

 

ちょいちょいもめてましたねw

けどまぁ何とかうまくやっている家族達。

お互いの子守もするし、一緒に夕食食べるしといった感じで

時たま楽しそうに見えたので不思議ですw

これも一つの家族の形なんだな、と。

 

ドラマなので実際はわかりませんけどね^^;

sponsored Link

 

 

モルモン教のコミュニティ、ジュピタークリーク

ビルはモルモン教原理主義のコミュニティ出身です。

理由があって、ティーンネイジャーの頃に

コミュニティを追い出されています。

それもビルに非があったのではなく、ローマンのせいだったということが

シーズン1の途中で発覚します。

 

ローマンはジュピタークリークのリーダー。

ニッキーの父親でもあります。

物語の途中ではティーンネイジャーの妻をもらいます。

「若い男を追い出して若い女を俺達がもらう」というような発言をしていて

ドン引きでした^^;

 

教えのためなのか?と疑いたくなるような、

欲深さが感じられました。

 

ビルヘンリクソンのビッグラブ

実際には一夫多妻制って大変だよな~と思いますね。

一人で3人の相手をしないといけないし、

大家族を養わないといけない。

 

その辺のビルの苦悩も描かれていました。

家族により良い生活を提供するために

ホームプラスの2号店オープンを計画したり、

精力増強のためにバイアグラを飲んだり。

 

何か早死にしそうだな、と不謹慎にも思いました^^;

 

でもビルは妻や子供にやさしい父親なので

好感の持てるキャラでした。

 

 

※ビッグラブは、以前Huluで配信していましたが、現在は配信停止しています。

Sponsored Link
 

関連記事

サブコンテンツ

関連





このページの先頭へ