バーンノーティス、シーズン1の評価と感想!作品情報まとめ

海外ドラマ「バーンノーティス」は突然スパイを解雇された男の、第二の人生を描いたストーリー。

そんなバーンノーティスの作品情報や評価感想をまとめました。

 

バーンノーティスとは?

 

バーンノーティスは突如CIAを解雇された敏腕のスパイ、マイケルが探偵になって依頼人の悩みを解決していくストーリー。

2007年頃の古いドラマですが、今でも根強い人気を誇っています。

 

Huluで配信しています。

 

加入はこちらから。

 

公式サイト:Hulu

 

 

バーンノーティスは、アメリカのUSAネットワークで放送されていたドラマです。

 

 

バーンノーティスの意味は解雇通告

主人公のマイケルがCIAから解雇通知を受け取ったところからドラマが始まるので、このタイトルがついたのでしょう。

 

 

主人公のマイケルは元敏腕スパイ。

身近な品でスパイの小道具をパパっと作れる手際の良さがかっこいいです。

 

 

そんなマイケルがなぜか、CIAをクビに!

生計を立てるためにスパイ経験を生かして依頼人の問題を解決する探偵に転身。

それで1話ごとに問題を解決していく、というお話です。

 

バーンノーティスのキャスト

 

マイケル・アレン・ウェスティン…ジェフリー・ドノヴァン

フィオナ・グレナン…ガブリエル・アンウォー

サム・アックス…ブルース・キャンベル

マデリン・ウェスティン…シャロン・グレス

ナサニエル・イライアス・ウェスティン… セス・ピーターソン

 

 

主人公のマイケルを演じているのは、ジェフリー・ドノヴァン。

劇中ではマイケルは空手を習っていた設定でしたが、ジェフリーも学生時代、合気道やブラジリアン柔術を習っていたそうです。

 

 

ジェフリー・ドノヴァンってどこかアジア人っぽい顔立ちに見えて、何となく親しみを感じました^_^

 

バーンノーティスのロケーション

マイケルの故郷がマイアミなので、ドラマでもビーチだったり、水着ギャルがちょくちょく出てきます(笑)

 

毎回南国の解放的な雰囲気が感じられるところが良いですね!

 

バーンノーティス、シーズン1のあらすじ

敏腕スパイのマイケルは任務中、突然解雇通知(バーンノーティス)を受け取る。

突然職を失ったマイケルは故郷のマイアミに戻る。

 

銀行口座は凍結され、一文無しになったマイケルは昔の仲間を頼りに仕事を探し始める。

 

資産家のミスターパイン邸で起きた絵画の窃盗事件を解決する仕事にありついたマイケルは、これまでのスパイ経験を生かして解決に臨む。

 

バーンノーティス、シーズン1の1話の感想

予備知識が全くない状態で見ましたが、面白かったです!

 

 

最初はシリアスなスパイものだと思っていましたが、話が進むうちにそこまで深刻ではなく、ユーモアがあり、明るいノリで楽しく見られるということに気づきました。

 

主人公のマイケルは結構無表情(笑)で冷たい男かと思っていましたが、実は弱者の味方。

 

 

最初はお金が必要で始めた仕事だったけど、社会的に弱い立場の人に損得抜きで協力する姿にシビれました^^

 

 

元恋人のフィオナとの微妙な関係も面白い。

フィオナは普通の綺麗な人かと思いましたが、いきなり暴漢をコテンパンにやっつけたりして、武道に精通していることがわかりました^_^;

 

 

マイケルとフィオナは、今は友達同士のような関係に見えましたが、今後この2人の関係がどう変化していくのか?が気になります。

 

 

ただ、恋愛要素は少ししかないので、気まずいシーンもないし、家族と一緒に楽しく見られるんじゃないかな~と思います。

もしくは一人で見ている時に、家族に画面を覗かれても安心な作品、とも言えます(笑)

 

 

マイケルはさすがに元敏腕スパイだけあって、ありものでちゃちゃっとスパイ道具を作ったりします。

露天で買った時計を使って盗聴器を作ったりと、見ていて感心してしまう内容で、そこも見どころです。

 

 

マイケルがなぜCIAを解雇されたのか?がまだわからないので、そこが気になりますね。

 

バーンノーティス、シーズン1のあとがき

バーンノーティスはHuluで配信しています。

 

詳細や加入はこちらから。

 

公式サイト:Hulu

 

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。

最新の配信状況は 公式サイトにてご確認ください。

Sponsored Link
 

関連記事

サブコンテンツ



このページの先頭へ