ゲームオブススローンズのサンサの不幸な結婚歴!嫌いな理由は?

ゲームオブススローンズのサンサの不幸な結婚歴をまとめました。

サンサが嫌いという声もあるようです。

嫌いな理由は何なのでしょうか?

sponsored Link

ゲームオブスローンズ  サンサの結婚(婚約)の歴史

ゲームオブススローンズ の中でも過酷な運命を背負っているのが、サンサ・スターク

画像引用:nerdist.com

 

ジョフリー・バラシオンと結婚に浮かれていましたが、

父であるエダード・スタークがジョフリーに処刑されてから、夢見た人生と違うことが起こり始めます。

 

 

彼女に待っていたのは政略結婚に翻弄される運命でした。

サンサの結婚歴をまとめました。

 

ジョフリー・バラシオンとの結婚

画像引用:fanpop.com

 

サンサはロバート・バラシオンがエダード・スタークを王の手に任命するために一族を連れてウインターフェルにやって来た時にジョフリーに一目惚れし、彼との結婚を心待ちにしていました。

 

 

恋を夢見る少女でしたね。

 

 

父とともに王都へ行ってもその気持ちは変わりませんでした。

しかし、ジョフリーが父親を処刑し、彼の暴君ぶりを見たことにより次第に気持ちは変わり始めます。

 

 

後にサンサはこの頃のことを振り返って、

「本当にばかな娘だったわ!」と悔いていました。

sponsored Link

 

ロラス・タレイルとの結婚

画像引用:https://www.serial-lectrice.com/game-of-thrones-saison-3-episode-6/

エダードが死んだ後ウインターフェルを含め北部を抑えるためにはサンサとの結婚が鍵となります。

そのためタレイル家はロラスとサンサを結婚させようとします。

サンサはロラスのことを気に入っていたため、喜んでいました。

 

 

が、ロラスはゲイ。

過去には、レンリー・バラシオンとの交際していました。

 

 

ティリオン・ラニスターとの結婚

画像引用:theculturebinge.wordpress.com

 

ロラスとの結婚を待ちわびていたサンサでしたがタイウィン・ラニスターの発言によりティリオン・ラニスターと結婚させられてしまいます。

 

 

望んでいない結婚で失望していたサンサでしたが、ティリオンもサンサのことを思い彼女に手を出すことはなかったのです。

 

 

ティリオンとの結婚式の日、ジョフリーの毒殺により騒然となった式場からサンサは逃げ出します。

sponsored Link

 

ラムジー・ボルトンとの結婚

画像引用:http://www.businessinsider.com/game-of-thrones-sansa-wedding-2015-5

 

リトルフィンガーによって王都から逃げ出すことができたサンサでしたが、今度はウインターフェルと治めているラムジー・ボルトンと結婚することになります。

ラムジーはジョフリーを上回るくらいの暴君でサンサは辛い目にあわされたのでした。

この結婚が最も悲惨だと思いました。。

 

 

ゲームオブスローンズ サンサが嫌われている理由は?

こんなにも過酷な運命を背負って生きてきたサンサですが、どうやらゲームオブスローンズ ファンの間では「サンサが嫌い」という人もいるようです。

それはサンサと妹アリアの関係にあるかもしれません。

 

 

アリアはゲームオブスローンズ ファンの中でも絶大な人気のキャラクターです。

 

 

彼女はサンサと違い、お姫様になることよりも剣術士になることを夢見ています。

そしてその道を突き進みます。しかも1人で。

 

 

サンサはシーズン最初の頃はアリアと仲が悪く、サンサの嘘の証言でアリアの友達を殺してしまうこともありました。

姉妹ですが、アリアと仲が良くなかったので、嫌われてしまったのかもしれません。

 

 

2人は父の処刑後別々の人生を歩みますが、シーズン7で再会します。

そのシーズン7でもアリアに冷たく、リトルフィンガーを信じているように見えたサンサはファンの間では嫌われていました。

 

 

しかしそれはサンサの演技だったのです。

ラストでリトルフィンガーを裏切り、アリアにリトルフィンガーを殺させます。

そしてウインターフェルの城から外を眺め2人は父親の言葉を思い出します。

 

「冬には一匹狼は死ぬが群れは生き残れる」

 

 

この時に初めて2人は分かり合えたのかもしれません。

 

 

この先シーズン8では、きっと2人で協力してウインターフェルを守っていくのでしょう。

そうなってくると、サンサを嫌っていたファンも見かたが変わってくるかもしれません。

Sponsored Link
サブコンテンツ

関連






このページの先頭へ