アウトランダーのロジャーが不憫すぎる件。7話で衝撃的な展開

アウトランダーのシーズン5が現在配信中ですが、過去にタイムスリップしてきてからのロジャーが不憫すぎると感じています。

そこで、ロジャーが遭遇した苦難についてまとめました。

※シーズン5、7話までのネタバレを含んでいます。

 

sponsored link

アウトランダーのロジャーが不憫すぎる件

http://outlander.wikia.com/wiki/File:Roger.jpg

 

船で働かせられる

ブリアナを追って、石を通り抜けて過去にやってきたロジャー。

お金がなく、船の乗組員として働くことになります。

 

 

それは、泥棒のボネットの船でした。

ロジャーはボネットが悪人だと知らずに、手伝いをします。

 

 

ボネットは船の中で伝染病の感染が広がったことを知り、感染した子供を船から落とすという暴挙に出ていました。

ロジャーは感染している母子をかばい、ボネットと対決します。

 

この小さな出来事が後にロジャーの命運に大きく関わってくるのでした…

 

モホーク族に奴隷として売られる

ブリアナが男に襲われたことを知り、ジェイミーは犯人を捜そうとします。

ジェイミーはブリアナに会うためにやってきたロジャーを犯人だと勘違いし、殴りまくって捕まえ、先住民のモホーク族に売り飛ばしました。

 

モホーク族に手荒く扱われるロジャー。

 

ボロボロになりながら逃げた時に、スコットランドにあったものと類似の、ブンブン音が聞こえるストーンサークルを見つけます。

 

 

この石を通れば未来に帰れる、と直感的に思ったものの、ロジャーはブリアナに会うために過去にとどまったのでした。

 

民兵団のリーダーになるが支持されない

マータフ率いる世直し団の討伐のため、ロジャーはジェイミーの民兵団に加わり、大尉に任命されます。

 

しかし、要領が悪く、民兵団のメンバーから中々支持されませんでした。

 

マータフにメッセージを伝えに行き、死?

民兵団と世直し団の戦いがいよいよ始まる頃。

ブリアナがこの戦いでは民兵団が勝ったことを思い出します。

 

 

ジェイミーに伝えると、「マータフに知らせなければ」と言います。

そこでロジャーが「僕がいく。彼は僕が未来から来たことを知っているから」と主張。

ロジャーが危険を冒して、敵地にいるマータフに伝言を伝えにいくことになります。

 

 

ロジャーは敵地で、過去に船の中で助けたマッケンジーという名前の女性と再会します。

この戦いは負け戦だから逃げるように、行く場所がないならフレイザーズリッジに行くようにと伝えます。

 

そこで、女性を抱きしめた時、女性の夫に見つかり、「人の女房に手を出すな」と脅されます。

 

 

民兵団の陣地では、戻ってこないロジャーを皆が心配していました。

 

 

それで戦いが終わった後にロジャーを探していた時、木に死体がいくつかぶら下がっているのを発見します。

 

そして、その中にロジャーらしき遺体を見つけます…

 

 

顔が隠れていたので、実際にはロジャーかどうかはわかりませんが、これが本当にロジャーであったなら不憫で仕方ないです。

 

 

過去に来てからのロジャーは踏んだりけったりでした。

 

 

最愛の女性のピンチにそばにいることもできず、義父に犯人と勘違いされてモホーク族に売り飛ばされ。

学者なのに戦いに駆り出される。

 

 

未来に帰りたくなる気持ちもわかります。

それで、もう少しで帰れそうなところだったのに、こんなことになってしまったんですね…

 

 

アウトランダーでは登場人物全員が皆ひどい目に遭っていますが、ロジャーはその中でも本当に不憫だな、と思いました。

 

 

ロジャーがいなくなった後、シーズン5はこれからどうなっていくのか?

アウトランダーから目が離せません。

Sponsored Link
 

関連記事

サブコンテンツ


このページの先頭へ