アウトランダーシーズン5の1話ネタバレ!と感想

アウトランダーのシーズン5が配信スタートしました。

第1話のネタバレをまとめています。

 

アウトランダーシーズン5の1話ネタバレ

フレイザーズリッジではブリーとロジャーの結婚式が執り行われていた。

 

 

結婚式にはクレアとジェイミーに縁がある人々が参加していた。

 

 

ノースカロライナのトライオン総督も出席しており、

トライオン総督は「地主への支払いが遅れている」とジェイミーを責めた。

 

 

グレイ卿はボネットが街で目撃されたことをジェイミーに告げる。

2人の話をこっそり聞いていたブリーは襲われたトラウマが蘇る。

 

 

ジェイミーの伯母、ジョカスタはマータフと納屋で逢瀬を重ねるが、

マータフは「世直し団」の一員で追われる身なので、2人が結ばれることはない…

 

 

結婚式の翌日、トライオン総督はジェイミーに「マータフとその仲間たちを捕まえる」ことを命じる。

断ると王への反逆者になってしまうため、ジェイミーは仕方なく捜索に加わることを決意する。

 

 

ジェイミーはロジャーにも捜索隊に加わってもらいたいと考えていたが、

クレアは「ロジャーはまだ準備ができていない」と反対する。

 

しかし、トライオン総督はスコットランド人を望んでいるため、ジェイミーは意見を曲げなかった。

 

 

その夜、広場では十字架を燃やして、住人たちの決起集会が開かれた。

住人たちは時が来たら、ジェイミーに従うことを誓った。

 

 

次の日、ジェイミーはこっそりマータフに会いに行く。

 

 

マータフはクレアが未来から来たことを知っているため、

「戦争が起きるんだろ、でも世直し団の行方はわからない。」と言う。

ジェイミーは「時が経てば味方になれる」というが、

マータフは自分の信念を曲げる気はない。

 

 

マータフはジェイミーが生まれたばかりの頃、ジェイミーの母親に「ジェイミーから離れない」と誓ったという過去があった。

が、ジェイミーは「誓いは忘れていい」と伝える。

 

 

マータフはジェイミーの元を去り、2人は離れた。

 

アウトランダーシーズン5の1話の感想

1話はブリーとロジャーの結婚式から始まり、幸せな雰囲気の中で話がスタートしました。

毎回、展開が激しいアウトランダーの中では珍しく平和な回でした^^

 

 

ブリーは、ボネットに襲われた過去があるので、

子供はロジャーの子なのか、ボネットの子なのか、実際にはわかりません。

ロジャーは我が子と認めるという誓いをしましたが、葛藤は続きそうです。

 

 

今回、ボネットが生きていることがわかったので、シーズン5でも出てくることでしょう…

ボネットがどのような最後を迎えるのか気になります。

 

 

世直し団の討伐のため、ジェイミーは出兵することに。

マータフには悲しい最後が待っていそうで、今から辛いです。

 

 

ロジャーも出兵することになりましたが、子供も生まれたし、現代に帰ってもいいのでは?と思うのですが…

ロジャーは学者なので、開拓時代のアメリカでの生活はしんどそうです^^;

 

 

シーズン5もすごく面白くなりそうで、楽しみです。

 

 

アウトランダー、シーズン5はHuluで配信しています。

Hulu海外ドラマに強い配信サイト。

ウォーキングデッドをはじめ、ゲームオブスローンズウェントワース女子刑務所などの有名作品から

日本初上陸の作品まで、ラインナップが超充実しています!

 

Huluがあれば、

海外ドラマ好きは楽しく生きていけます^^

 

 

Huluは、月額933円(税抜)動画が見放題!

初回は、

2週間無料キャンペーンがあるので、

この期間に無料で好きなドラマを見ることができます!

 

 

このキャンペーンもいつまで続くかわからないので、

入るなら、今のうちがおすすめです。

 

 

↓↓huluの登録はこちらから↓↓

サブコンテンツ



このページの先頭へ