ウォーキングデッドは面白いのか?おすすめ見どころポイント3選

 

日本で人気の海外ドラマ「ウォーキングデッド」。

あまりの過熱ぶりにウォーキングデッドは面白いのか?という疑問をお持ちの方も少なくないでしょう。

まだ見たことがない方へ、ウォーキングデッドの見どころをお伝えしたいと思います。

sponsored Link

 

ウォーキングデッドのあらすじ

主人公は保安官リック。

任務中に銃で撃たれ負傷し、病院に入院。

昏睡状態が続く中、目覚めると街は荒廃しゾンビが徘徊する世界になっていた。

妻と息子の行方が分からず、必死に探し回るリック。

 

 

警察、政府などが機能しない中で、

人々は見境なく人間を襲ってくるゾンビ達から身を守るためグループで行動するようになる。

 

なぜこのような世界になってしまったのか?

安住の地はあるのか?

 

無秩序になってしまった世界で人間同士の争いも勃発する。

恐ろしいことをする人間達も…

生き残るために、家族を守るために戦う人間達のヒューマンドラマ。

 

 

1.ゾンビの描写がリアル

ウォーカーと呼ばれるゾンビ達の描写がとてもリアルです。

ただれた皮膚感、人間に襲い掛かる時の恐ろしい表情。

 

街中にうごめいているので、毎エピソード登場します。

 

家族がゾンビになってしまった人も多くいて、最初はゾンビを殺すことに抵抗を感じている人も。

しかし、生き残るためにゾンビを倒していくようになります。

 

ゾンビを次々と倒していく姿はある種の爽快感があります。

銃など使ったことがないような女性が、この世界になって段々とタフになっていく様は圧巻です。

 

2.無秩序の世界で描かれる人間ドラマ

ゾンビ達から身を守るためにグループで行動する人々。

荒廃した世界でも助け合ったり、恋愛したりする部分も描かれています。

 

食料、安全な場所を巡って、グループ間で対立が起きることも。

 

一番恐ろしいのは人間…とでもいうように、

本能が全開になった人間達が蛮行を行います。

そんな中でも人間らしさを忘れずに生きていこうとするリック達グループの葛藤が描かれています。

 

こんな世界だったら自分はどうするだろう?と置き換えてみると考えさせられるものがあります。

 

3.予想がつかない展開

油断するとゾンビが襲ってくる世界で、ある日突然グループのメンバーがいなくなってしまうことも。

主役級だと思われていたメンバーがあっさりと死んでしまったり。

急展開に目が離せません。

 

一方で、

この世界だからこそ生き生きと生きている者も。

以前の世界であったら関わらないような人間同士の交流も面白いです。

 

 

 

ウォーキングデッドはHuluシーズン1~シーズン7まで見ることができます。

シーズン8も 10月23日(月) の22:00 から、リアルタイム配信で視聴可能です。

詳しくはこちら

ウォーキングデッドのシーズン7。huluでの再配信はいつから?まだ?

 

 

シーズン1~7までと長いですが、面白いので一気に見ることができます。

ハマりすぎてしまうことも十分に考えられるので、注意が必要です^_^

Sponsored Link
 

関連記事

サブコンテンツ

関連






このページの先頭へ