ウエストワールド、ドロレス役はエヴァンレイチェルウッド。アンドロイド役

ウエストワールドに出演しているエヴァンレイチェルウッド

西部開拓時代の農場の娘、ドロレス役を演じています。

エヴァン・レイチェル・ウッドのキャリアを振り返ってみます。

 

エヴァンレイチェルウッドについて

エヴァン・レイチェル・ウッド

 

生年月日:1987年9月7日
ノースカロライナ州ローリー出身

 

 

 

エヴァン・レイチェル・ウッドのキャリアは子役からスタートしています。

彼女を一躍有名にしたのが「サーティーン あの頃欲しかった愛のこと」。

 

多感な思春期の少女が家庭や女友達との関係に悩む姿が描かれています。

 

全く売れていない頃のヴァネッサ・ハジェンスも友人役で出演しています。

女の友情に絡む愛憎劇が心にズシっと来る作品です。

ハッピーな雰囲気ではないですが、一見の価値ありです。

 

 

その後はミュージシャンのマリリン・マンソンとの交際が話題になっていました。

エヴァン・レイチェル・ウッド

彼氏に合わせてか、金髪を黒髪に染めたり、ゴスメイクをするようになっていたことで注目を浴びていました。

マリリンの前妻、ディタフォンティーヌに似てきたなんて言われていましたね…

二人はその後別れ、エヴァンはジェイミー・ベルと結婚。二人の間には息子がいます。

 

 

その後ウエストワールドのドロレス役に抜擢。

純朴な農家の娘、ドロレスを演じています。

 

最近あまり見かけないなぁと思っていたのでうれしい限りです。

 

 

ドロレスは農家の娘という設定ですが、実はアンドロイドなので、シナリオが変わるにつれて役どころも変わっていくという難しい役です。

ウエストワールドのあらすじはこちら

 

 

アンドロイドのメンテナンスのシーンでは裸にもなってます。

倫理的に過激な描写も多い作品なので、撮影で涙することもあったようです。

 

 

ウエストワールド、シーズン1はHuluで視聴できます。

シーズン2は来年放送予定です。

手に汗握るSFスリラーでとてもお勧めです。

Sponsored Link
 

関連記事

サブコンテンツ

関連






このページの先頭へ