オーファンブラック

オーファンブラックの原作のストーリーは過激!ドラマとの違い

sponsored link

画像引用:http://tokai-tv.com/orphan/

 

元KARAジヨン主演のドラマ、「オーファン・ブラック~七つの遺伝子~」。

このドラマは原作が海外ドラマであることはご存知ですよね。

海外ドラマ「オーファン・ブラック ~暴走遺伝子」が原作なんです。

原作はさすが海外ドラマだけあって、アクションもラブシーンも過激な描写満載!

ドラマ版ではどこまで再現するのでしょうか!?

原作のストーリーや、原作との違いについてまとめました。

sponsored link

オーファンブラック、原作のストーリー

オーファン・ブラック ~暴走遺伝子」の主人公はサラ・マニング(タチアナ・マズラニー)。

悪い仲間と付き合い、生活に困窮する日々。

最愛の一人娘のキラも養母に預けている。

ある日、サラは駅のプラットフォーム前でぼんやりしている女性を見る。

気になってみていると、なんとその女性の顔はサラそっくりだった!

次の瞬間、その女性は線路に飛び降り、電車に引かれてしまう。

ホームには女性のバッグと靴が。

人が集まる前に女性のバッグを素早く持ち去るサラ。

中には多額のお金と家の鍵が入っていた。

女性はベスという名前で高級マンションに暮らしていた。

サラはベスの多額のお金でキラと暮らすことを思いつく。

更に調べるうちにベスの職業が刑事であることが分かる。

サラはベスとして生きようとする中で、

他にも自身そっくりな顔を持つ人間と出会い、

自身の存在の秘密に迫っていく。

 

関連記事:オーファンブラック、シーズン1の感想と紹介【ネタバレなし】

 

sponsored link

オーファンブラック、原作との違いは?

オーファンブラックの原作、海外ドラマ版と、日本ドラマ版を比べてみました。

 

1.名前

主人公の名前がサラ、なのは原作でも同じです。

画像引用:ww.justjared.com

主人公サラは、革ジャン、ロックなメークに身を包んでいます。

 

 

海外版と日本版では登場人物はほとんど同じです。

 

サラ・マニング⇔青山 沙羅
ベス⇔椎名 真緒子
コシマ⇔小田切 泉
アリソン⇔主婦の吉川 理華
カッチャ⇔オク・ヨンエ

キラ(サラの娘)⇔萌絵(もえ)

ポール(ベスの恋人)⇔山崎 育三郎

 

カッチャの設定が日本版では、韓国人になっています。

ジヨンが韓国人なので、設定変えたのでしょうね^^

 

 

2.過激な性描写!

原作のオーファンブラックはやはり海外ドラマなので描写が過激です。

例えば第一話。

ベスの家にいたサラがベスの恋人ポールと鉢合わせするシーン。

バレたくないサラは自分からポールにキスを!

二人はそのままベッドイン。

赤の他人と正体を偽り結ばれるというすごいストーリー展開でした。

 

日本版でもジヨンが体を張ってましたね!

突然でびっくりしましたw

 

ただ原作ではこれに輪をかけて過激でしたねw

 

 

日本版オーファンブラックの最後はどうなるのか?

海外ドラマ原作のオーファンブラックは、現在シーズン5まで続いています。

そして、複雑なストーリー展開なので、シーズン1の最後には多くの疑問が残されたままでしたw

新たなキャラも次々に出てきましたし。

 

日本版ではどのような最後になるのか、とても気になりますね!

 

 

原作は謎が謎を呼ぶジェットコースター展開で、面白いのでおすすめです^_^

日本版と見比べてみるのもいいですね。

 

 

日本版の「オーファンブラック 七つの遺伝子」は、U-NEXT で見ることができます。

 

※本ページの情報は2018年6月時点のものです。

最新の配信状況は 公式サイト(U-NEXT)にてご確認ください。

関連記事



-オーファンブラック

Copyright© 海外ドラマ ラバーズ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.