アクション

デッドプール2、R15の理由は?濡れ場やグロいシーンのせい?R指定

sponsored link

最強の治癒力を持つ、アンチヒーロー、デッドプール。

1作目の「デッドプール」は、R指定でしたが、

デッドプール2もR15と指定されています。

R15の理由はなぜなんでしょうか?

濡れ場やグロいシーンがあるせい?

詳細についてまとめました。

 

【追記】

「デッドプール2」見てきました!

見た上で、情報更新しています。

※以下、少々ネタバレしていますので、ご注意ください。

 

sponsored link

デッドプール2はR15!R指定

「デッドプール2」は、R15の、R指定作品です。

公式にアナウンスされていました。

画像引用:http://109cinemas.net/movies/1747.html

 

ですので、

15歳未満の入場・鑑賞禁止」となります。

前作の「デッドプール」も、R指定作品でしたので、同じく、ですね。

 

 

過激な性描写や、暴力シーン、いじめシーンがある場合、R15になります。

「デッドプール」に関しては、性描写、暴力シーンが当てはまりますね。

 

sponsored link

デッドプール2!R指定の理由は濡れ場?

第一作目の「デッドプール」では、主人公ウェイドと恋人のヴァネッサの濡れ場が出てきました。

体の相性がよく、深く愛し合うようになった、という設定なので、性描写はストーリーの上でも重要なシーンだったと思います。

ですので、がっつり描かれていました(汗)

 

 

性行為をしている様子がはっきりとわかるシーンがありましたので、大人向けの映画ですね。

また、下ネタも満載です。

下品な言葉も出てくるので、面白いのですが、子供には見せたくない映画とも言えます。

 

 

一方、「デッドプール2」では、

性描写はマイルドになっていました。

具体的なシーンは、ヴァネッサとウェイドのキスシーンくらいでした。

ですので、親子で見てもそこまで気まずくない、という感じです^^

 

デッドプール2、R指定の理由はグロいシーン?

「デッドプール」では、グロいシーンも多く出てきていました。

デッドプールは肉体改造によって、最強の治癒能力を持つミュータントに生まれかわった、という設定。

不死身ゆえ、銃で撃たれるのも承知の上で、敵に向かっていきます。

しかし、普通に傷つくので、体に穴が開いたり、血が出たり。

 

更に、

治るのを知っているので、自らを傷つけることもあります。

第一作目では、自ら手を切り落とすシーンもありました。

 

 

第2作目の「デッドプール2」でも、グロいシーンは健在。

ウェイドの体が真っ二つになったり、爆発して木端微塵になったり。

 

 

敵を倒すシーンも細部まで描かれています。

銃で撃たれた後の残骸が飛び散ったところや、頭が吹っ飛ぶシーンもありました。

 

 

全体的に見て、

最高にグロい、というわけではないですが、

結構グロい、と言えます。

 

デッドプールはR指定!まとめ

「デッドプール」は、性描写、過激なシーンが多いので、R15も納得の内容です。

主人公も、30代くらいのようですし、大人向けの映画ですね。

 

 

デッドプールの動画を見るには?

第一作目の「デッドプール」は、

U-NEXTで動画を視聴することができます!

字幕、吹き替え版揃っています^^

関連記事



-アクション
-, , ,

Copyright© 海外ドラマ ラバーズ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.