メリサンドルの正体は?老婆なの?レッドウーマンの動向を分析

シーズン2から登場し「光の王」の女司祭とされているメリサンドルは一体何者なのでしょうか?

あれだけスタニス・バラシオンの鉄の玉座に座るのはあなただと言っていたのに、間違えていた彼女。

しかもシーズン7の途中でヴォランティスに行くと言ったきり登場していません。

でももう1度戻ってくると、気になる発言もあり…

彼女は正体は一体何者なのでしょうか?

sponsored Link

「光の王」の女司祭メリサンドル

https://www.inquisitr.com/3033265/game-of-thrones-season-6-can-melisandres-newest-trick-really-help-jon-snow/

メリサンドルは「光の王」の女司祭としてドラゴンストーンにいたスタニス・バラシオンの元を訪れます。

彼女に感銘を受けたスタニスは七神正教からこの光の王へ改宗します。

この時、スタニスの部下達もほとんどが改宗するのですが、メイスターはそれを止めようとします。

 

 

スタニスが改宗の儀式を終えた後に、メリサンドルの元を訪ねたメイスターにワインを渡します。

実はこのワインには毒が入っていたのです。

しかしメリサンドルはそれに気が付きながらワインを飲みますが、なんともありません。

当然ワインを飲んだメイスターは死んでしまいます。

 

 

これが彼女は初めて見せた力でした。

女司祭でありながら不思議な力を持っている彼女は一体何者なのでしょうか?

ますます謎は深まります。

 

メリサンドル は老婆?

https://www.fanpop.com/clubs/game-of-thrones/images/39537363/title/6×01-red-woman-photo

メリサンドル が本当の姿を見せたエピソードがありました。

それがシーズン6 エピソード1です。

このエピソードのタイトルがすでに「The Red Woman」でメリサンドルの事を語るんだな、と推測できるものになっていました。

 

ジョン・スノウの死を知った彼女はかなり落ち込んでいます。

「炎の中で戦うジョンを見たはずなのに…」と不思議がっています。

 

 

スタニス・バラシオン、ジョン・スノウと彼女が王になると思った人物は次々と死んでしまい、メリサンドルは落ち込みます。

そして自分の部屋に戻ったメリサンドルは服を脱ぎ、首のチョーカーを外します。

 

そして鏡を見るとそこには。。。

白髪の老婆が鏡に写っていたのでした。

 

悲しそうな自分の姿を見つめた後、彼女はそのままベッドに入ったのです。

 

 

メリサンドルは老婆だったのです!!

 

 

でもなんのために今の綺麗な姿でいるのかは分かりません。

分かっているのは彼女が本当は老婆で、魔力で若く見せているということです。

sponsored Link

今後のメリサンドルは?

https://watchersonthewall.com/new-game-thrones-season-7-trailer-leaks-comic-con-2017/

シーズン7でメリサンドルはヴァリスに「ヴォランティスに向かう」といいました。そしてそこでやる事があると。

ヴァリスが「もう戻ってこないほうがいいのでは」というとメリサンドルは「もう1度戻ってくる必要がある」と答えました。

 

ヴォランティスはエッソスにある自由都市の1つです。

ヴォランティスはティリオンがまだデナーリスに会う前、キングスランディングから逃げた時にヴァリスと立ち寄った都市です。

ここでティリオンはジョラー・モーモントに誘拐されるわけですが、その前にヴァリスとティリオンは紅の司祭が話している内容を聞いています。

その内容は「ドラゴンの母が救世主」という話でした。

そうこれは、デナーリスが「光の神の遣わした救世主」だということになるのです。

 

 

そしてメリサンドルはこの地に向かいました…

ここでメリサンドルが一体何をするのでしょうか?

それが分かった時に初めてメリサンドルの本当の正体が分かるのかもしれません。

 

 

 

 

ゲームオブスローンズは、Huluで配信しています!

シーズン1~7まで見ることができます。

 

《関連記事》

メリサンドル役の女優は誰?

ホワイトウォーカーの正体とは?弱点はあるのか?

ジェイミーラニスターとブライエニーの関係が気になる!恋仲なの?

ジョラー・モーモント役の俳優、イアン・グレンがかっこいい!!

 

Sponsored Link
 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

関連





このページの先頭へ