ヒューマンドラマ

ジョジョラビットのネタバレ!キャスト・感想。思わず涙した話

第二次世界大戦中のドイツに生きる少年が主人公の「ジョジョラビット」。

ネタバレをまとめましたので、ご紹介します。

 

sponsored link

ジョジョラビットの作品情報

 

タイトル:ジョジョラビット

原題:Jojo Rabbit

監督:タイカ・ワイティティ

日本公開日:2020年1月17日

 

sponsored link

ジョジョラビットのキャスト

 

ジョジョ・ベツラー:ローマン・グリフィン・デイビス

アドルフ・ヒトラー:タイカ・ワイティティ

ロージー・ベツラー:スカーレット・ヨハンソン

エルサ・コール:トーマシン・マッケンジー

クレンツェンドルフ大尉:サム・ロックウェル

ミス・ラーム:レベル・ウィルソン

フィンケル:アルフィー・アレン

ディエルツ大尉(秘密警察):スティーブン・マーチャント

ヨーギー:アーチー・ヤテス

 

ジョジョラビットの予告編

 

 

ジョジョラビットのネタバレ

第二次世界大戦下のドイツ。

10歳の少年、ジョジョはナーバスになっていた。

それは、青少年集団ヒトラーユーゲントの特別支援キャンプに参加するからだ。

 

 

「僕には無理かも…」と弱音を吐くが、想像上の友人、アドルフ・ヒトラーに励まされて元気になる。

「僕は男になる!」と気合いをいれて、家の外へ飛び出す。

 

親友のヨーギーと落合い、「キャンプ楽しみだな!」と確認しあう。

 

 

キャンプにはたくさんの子供が集まっていた。

キャンプを仕切るのは、キャプテンKこと、クレンツェンドルフ大尉

その横には、部下のフィンケルミス・ラームがいた。

 

 

クレンツェンドルフ大尉は、男子には銃の打ち方、カムフラージュなど、戦争の仕方を教えると話した。

ミスラームは、「女子には出産の仕方を教えるわ!」と。

 

 

1日目、訓練でへとへとになったジョジョ。

夜にテントの中でヨーギーとユダヤ人について話す。

 

 

ジョジョはユダヤ人は魚と交尾をする、アーリア人はユダヤ人より100倍優秀、といった知識を披露する。

ヨーギーは「でもどうやってユダヤ人とわかるの?見た目は変わらないよ」という。

「会ったら殺してやる」といって倒すフリをするジョジョ。

 

 

2日目、ジョジョはウサギの首を折って殺すように教官に命令される。

ウサギに手をかけるが、できないジョジョ。

そんなジョジョからウサギを奪いとって教官が殺してしまう。

 

 

「臆病者め!」「お前の父親は2年間音信不通だからな」と罵られる。

「パパは戦争に行っているんだ」と反論するジョジョ。

臆病者という意味で、「ジョジョラビット」というあだ名をつけられる。

ジョジョはその場を逃げ出して森の中に入っていく。

 

 

想像上のアドルフ・ヒトラーが出てきて

「俺だって悪口はたくさん言われたよ、狂人だの国を破滅させるだの」と励ます。

 

 

ヒトラーに励まされて元気になったジョジョは、手りゅう弾の訓練中に飛び出していき、教官から手りゅう弾を奪う。

そして、投げようとして失敗し、手りゅう弾の爆発でケガをする。

 

 

病院に入院したジョジョ。

母親のロージーが迎えにきていた。

 

 

母はクレンツェンドルフ大尉のところに行き、クレンツェンドルフ大尉にケリを入れる。

「仕事の間、子守を頼むわね」と。

うちの息子にケガさせといて、断れるわけないわよね、という勢いだった。

 

 

母とジョジョは広場に行くと、広場の中心に見せしめの首吊り遺体が並んでいた。

ジョジョは目を背けるが、母はジョジョの顔を戻して、直視させる。

 

 

ジョジョは亡くなった姉、インゲの部屋に入る。

壁の一部に不思議なツギ目を見つける。

ナイフで開くと、そこには通路があった。

 

 

中を進むと、そこには一人の少女がいた。

驚いたジョジョは一目散に逃げて、階段から転げ落ちる。

 

 

玄関をあけて誰かに知らせに行こうとするジョジョを、少女が押さえて言った。

 

 

少女「走らせないでよ。私はおばけより怖いわよ」

ジョジョ「ユダヤ人なの?なんでうちに?」

少女「通報すれば?あんたも母もグルだというわよ」

 

 

ユダヤ人少女の出現にパニックになるジョジョ。

少女の名前はエルサといった。

 

母親が帰宅。

よほど怖かったのか、母親のそばを離れないジョジョ。

 

 

ジョジョはアドルフ・ヒトラーと話し合い、「交渉だ!」という結論に至る。

 

 

エルサを呼び出し、

「僕が通報すれば君は逮捕されてしまう。母も」といって、エルサを家に住まわせることにする。

ユダヤ人のことを教えることを条件に。

 

 

エルサは、ユダヤ人は金の亡者で、食べ物アレルギーで、チーズ、お肉がだめだということを言う。

 

 

ジョジョは母親と夕食をとる。

怒ったような態度をとるジョジョ。

母は暖炉の黒いすすをつけて、自分の顔にヒゲをかいて、父親役を演じ、「お前のママは頑張っているんだよ」とおどける。

いつの間にか2人は仲直りしていた。

 

 

ジョジョはまたエルサと話す。

「ユダヤ人の住処は?」などと矢継ぎ早に質問するジョジョに、「なんで私といるの?友達は?」と聞くエルサ。

しかし、ジョジョは構わずに質問する。

 

 

エルサはネイサンという恋人の存在を明かす。

ネイサンはエルサの婚約者で、ネイサンの好きな詩人、リルケの詩を引用しながら、エルサにプロポーズしてくれたというのだ。

ネイサンは今はパリに住んでいるという。

 

 

エルサは絵を描いてジョジョに渡す。

それは人の頭の絵だった。

 

「住処は?と聞いたのに」というジョジョに、

「私はあなたの頭の中に住んでる」というエルサ。

 

 

エルサは、ジョジョの亡き姉、インゲの友人だった。

「あんたが小さかった頃を覚えてるわ」と話すエルサ。

 

 

ジョジョは図書館でリルケの詩を調べて、ネイサンのフリをしてエルサに手紙を書く。

その手紙をエルサに読んできかせるジョジョ。

 

「言いにくいが君と結婚したくない」と書いてあった。

 

エルサは小部屋にこもり、泣く。

泣き声をきいたジョジョはいたたまれなくなり、また手紙を書く。

 

「やっぱり別れないよ。君に自殺して欲しくないから」と。

 

 

エルサとジョジョは度々話すようになり、仲良くなる。

 

 

エルサは「リルケの母はユダヤ人、ピサロ、モーゼ、キリストもユダヤ人」と話す。

驚きを隠せないジョジョ。

 

 

ジョジョは母親と川辺を散歩している。

 

母は「憎しみは勝ちはしない。愛が最強の力なのよ」と言う。

「あなたはまだ10歳なのよ?」

「命は神からの贈り物だから、歌って踊って神に喜びを伝えないと」

 

 

ジョジョはエルサに会いにいく。

何も言わないジョジョに、「またユダヤ人の話する?」といってユダヤ人のことを教えるエルサ。

 

「ユダヤ人は昔洞窟に住んでいたんだけど、そこには不思議な生き物がいたの」

「魔術を身につけたユダヤ人は洞窟から町に移り住んだ」

「ツノが生えるのは21歳から」

「ユダヤ人は人の心が読める」

と嘘の情報を伝える。

 

 

ジョジョが自分の部屋に戻ると、アドルフ・ヒトラーがいた。

「いつも一緒にいるな」

「一つ教えてやる。支配されそうになったらその逆をいけ」とジョジョにアドバイスする。

 

 

ジョジョの母はワインを飲みながら、エルサと話している。

母「インゲが大人になるのを見たかった」

エルサ「大人の女って何?そうやってワインを飲むこと?」

母「ワインを飲んだり、車を運転したり、モロッコに行ったり。恐れずに人を信じること」

 

 

ジョジョはクレンツェンドルフ大尉のところへ行く。

ジョジョは「ユダヤ人を見つけたらメダルをもらえるかな?」と大尉に質問する。

 

 

広場を通る時、ジョジョは母を見つける。

母は広場の真ん中で首をつられていた。

 

母の靴を見て、母の足に抱きつき、泣くジョジョ。

 

 

家に帰って、エルサをナイフで刺そうとするが、エルサに止められる。

エルサは母の死を知り、悲しむ。

エルサは母が反政府活動をしていたのを知っていたのだった。

2人きりになったエルサとジョジョ。

 

 

ジョジョが町で武器を作るための金属回収を行っていると、軍服をきたヨーギーに会って話す。

 

家に帰り、「僕は一生キスもできない」「ナチスとユダヤ人はキスできない」とエルサに嘆く。

エルサは「あんたはナチスじゃない。10歳の少年よ」と言う。

 

 

エルサは「私って垢だらけ」と鏡を見ながら言う。

それを聞いたジョジョはエルサをお風呂に入れてあげる。

 

 

エルサは入浴後に家の中を見て回る。

居間には壁にトラの絵があり、エルサは食い入るようにそれを見る。

 

 

そこへ訪問者がやってきた。

ジョジョはエルサに早く隠れるように言う。

急いで階段を上がるエルサ。

 

 

それはゲシュタポ(秘密警察)ディエルツ大尉だった。

ディエルツ大尉は数名の部下を引き連れて家に入り、家宅捜索を始めた。

その後に、クレンツェンドルフ大尉、フィンケルも部屋に入ってくる。

全員に対して「ハイルヒトラー」と言いながら挨拶する。

 

 

ディエルツ大尉はジョジョのナチにあふれた部屋をみて、「少年の部屋はこうでないと」と言う。

 

 

ディエルツ大尉はジョジョがナイフを持っていないのをみて、「ナイフはどこだい?」と尋ねる。

ナイフはエルサに取られているジョジョが答えられないでいると、エルサが「ナイフはここよ」、とナイフを持って出てくる。

 

ジョジョは驚き、震える。

 

エルサは自分はジョジョの姉のインゲだと偽る。

クレンツェンドルフ大尉は「姉がいたとは知らなかったよ」と言う。

 

 

身分証明書を見せろ、と言われ、エルサは引き出しをゴソゴソと探し、

見つけて渡した。

 

古い写真を見て、「いつのものだ?」と尋ねられ、14歳の頃、とエルサは答える。

誕生日を聞かれ、「1929年5月1日」と答える。

クレンツェンドルフ大尉は「あってる、写真を新しくしろ」と言う。

 

クレンツェンドルフ大尉は「会えてよかったよ、インゲ」と言い残し、全員で去っていく。

 

全員が去って、ほっとして胸をなでおろす2人。

 

インゲ「実は誕生日は5月7日だったの」

ジョジョ「じゃあクレンツェンドルフ大尉は知っていたの?」

インゲ「戻ってきて殺されるわ」

 

と怯えるインゲ。

クレンツェンドルフ大尉は知っていて、見逃したのだった。

 

 

夜、窓から爆撃を受ける街を2人で見ながら、ジョジョはエルサに尋ねた。

「自由になったら最初に何がしたい?」

「ダンスかな」とエルサは答える。

 

 

街への攻撃は激しくなり、子供や女性も銃を持たされて戦っていた。

ジョジョもミスラームに味方に攻撃されないように、とジャケットを着せられ、銃をもたされる。

クレンツェンドルフ大尉も来て、銃を打ち応戦していた。

爆撃で耳がおかしくなるジョジョ。

 

 

戦争が終わり、ジョジョは荒廃した街の廃墟に隠れていたが、連合軍に見つかり、連行される。

そこには、クレンツェンドルフ大尉がいた。

クレンツェンドルフ大尉は

「お母さんのことは残念だったな、良い人だった」とジョジョに語り掛ける。

ジョジョはこらえきれずにクレンツェンドルフ大尉に泣きつく。

 

 

クレンツェンドルフ大尉は「帰って姉の世話をしろ」といい、

「ユダヤ人め」と言ってジョジョをわざと突き飛ばす。

 

 

それに気づいたアメリカ兵が、「さっさと家に帰れ」といってジョジョを追い出す。

 

 

ジョジョが建物の外で戸惑っていると、銃声がした。

恐ろしくなったジョジョは走り出す。

 

 

家に帰る途中、ヨーギーに会う。

ヨーギーは「君の彼女は自由だよ!」と言う。

 

それを聞いて焦ったジョジョは急いで家に帰る。

 

 

家について、エルサに「外で何が起きてるの?出ても平気?どっちが戦争に勝ったの?」と聞かれたジョジョは

恐る恐る「ドイツだよ」と答える。

エルサは落胆する。

 

 

ジョジョはネイサンのフリをして手紙を書く。

 

「ジョジョと2人で脱出計画を立てた。ジョジョのことは信用していいよ」

 

 

それを聞いてエルサは「ネイサンは去年死んだの」という。

 

 

そして、ジョジョは「弟としてだと思うけど、僕の事を愛してる?」と確認する。

エルサは「愛してる、弟として」と言い、ジョジョは落胆するが、

本当に脱出できるといって、エルサに荷物をまとめるように言う。

 

 

エルサは玄関を出る直前、「外は怖いかな?」とジョジョに聞く。

「とても危険だ」とジョジョは言う。

 

 

エルサが恐る恐るドアを開けて外に出ると、

アメリカの国旗をはためかせながら、アメリカ軍の車が通った。

 

 

エルサはドイツが敗戦したことを知り、ジョジョの頬をビンタする。

「当然だよな」と受け入れるジョジョ。

 

 

「自由になったよ。どうする?」とエルサに質問する。

エルサは、どうしようかな、と迷っているように肩を揺らし始める。

 

 

次第にダンスになっていく。

ジョジョもマネするように踊りだし、2人で踊る。

 

-完-

関連記事



-ヒューマンドラマ

Copyright© 海外ドラマ ラバーズ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.